空腹こそ最強のクスリ実践シリーズ~36時間断食やってみた~

雑記
スポンサーリンク

最近特に断食や1日1食を推奨する書籍多く感じませんか?

その影響もあって私自身も

以前から「空腹こそ最強のクスリ」を参考に16時間の断食(ファスティング)を実践してきましたが

以前の途中経過から大きく変化はないかなと

そこで最近であった本がこちら↓


この本のなかで段階的な断食について書かれており、今の自分と比較すると

1日1食その次のステップとして

36時間の断食

がありました

日によっては昼食べずに24時間断食状態まで特に苦に感じることなくできていたので

物は試しにチャレンジしてみます!

スポンサーリンク

断食スケジュール

現状1日1食を夕食で摂っているいるので

1日目 20時には夕食終了

2日目 食事なし 水・コーヒー・紅茶(ストレート)のみ接種

3日目 7時朝食

という予定でやってみます!

断食の時間を意識せずにいられるよう、仕事のある平日にやってみようということで

どうしてもきっちり36時間ということはできず

正確には35時間程度の断食です!

実践 経過

1日目~2日目にかけて

1日1食はつづけていたので2日目の夕食まではいつも通り

むしろ夕食の準備のことを考えず、帰宅後すぐお風呂に入る

いつもより時間に余裕をもてていいなー

くらいの気持ちでした

が、、、

TV見ていると、食レポ系の番組の多いこと、、、

お腹が減って苦しいという感覚にはなりませんでしたが

「うまそうだな、、、」

と思わずにはいられないもので、、、

そんな誘惑から逃れるためにもさっさと寝ようと布団に入りますが

寝られない、、、

一旦寝られても2時間で目が覚め、寝られない、、、

だんだん心配になって空腹感が強まってきました、、、

というところで

3日目 深夜2時 リタイア。。。

インスタントのスープに手を出して終了しました

実践中の体調変化まとめ

2日目の夜までは何の問題もありません

印象的だったのが

24時間以上断食していたころに飲んだ紅茶

「あれ、こんなに甘かったっけ?」

もちろん無糖のストレートの紅茶だったんですが

断食すると味覚敏感になるんですかね?

あと感じたことに、24時間以上何も食べていないと体が締まった感じがします

お腹いっぱいに食べたあとのお腹苦しい感じの正反対のような感覚、、、

その後になかなか眠れないとなったのですが

低血糖になっているのか力入りにくくなっている感覚と

このままであと数時間いて朝起きられるエネルギーがあるんだろうかと不安になってきました、、、

まとめると

  • 味覚が敏感になる
  • 体が引き締まった感覚になる
  • 24時間以上経過すると不安

実践してみて・・・

今回やってみて

習慣にするのは今は難しい
寝て起きた時動けるか心配になる

と思いました

違うのかもしれませんが実際に食事をとれないという点で

胃ろうの人や経管栄養の人の気持ちが少しは理解できたかもしれないです、、

また様子みてやってみようか、どうしようか、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました