エシカル消費とは

エシカル消費
スポンサーリンク

個人的に大切にしている考え方なのでまとめてみます。

スポンサーリンク

エシカル=倫理的

エシカル消費のエシカル、英語では「ethical」倫理的という意味です

直訳していうとそのまま「倫理的な消費」って意味になります

「倫理的=法的なしばりはないけど多くの人が正しいと思うこと、規範」

いわゆる倫理的消費は「環境」「社会」に悪い影響を与えない消費ではないかと思っています。

SDGs(持続可能な開発目標)と目指す方向は同じと思っていて、その個人レベルでの行動ではないでしょうか。

環境に対するエシカル

倫理的消費を分解して環境に対してのエシカルをまとめます

まずなんで環境に配慮しなきゃいけないかというと

「地球で人類が生存できる環境を維持する」

他の生物多様性を維持するのも結局は人類生存のためといえるのではないでしょうか

もちろん自然に淘汰されて絶滅は歴史上当たり前のように思えますけど、人類の身勝手で絶滅してしまうというのは感情面でもあまり気持ちのいいものではないですが

環境に対するエシカル消費の具体例

  • エコカー、省エネ商品を選ぶ⇒温室効果ガスの削減
  • 脱プラスチック生活⇒プラスチックごみ削減⇒生物多様性の維持(少しおおげさですが)
  • ビーガン⇒家畜業から排泄される温室効果ガスの削減、森林保護

社会に対するエシカル

社会に対するエシカルといってわかりやすいのは

フェアトレード

ではないかと思います

フェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)とは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組み

https://www.wakachiai.com/ 国際協力NGOわかちあいプロジェクト

大量生産大量消費社会では

  • コットンの大量生産、大量消費のため生産コストの低下。そのしわ寄せによって児童労働や正しい農薬の知識を得られず十分な防備もないまま農薬を使用し健康被害を受ける
  • 「ラナプラザビル倒壊事故」のように低コストを強いられる労働環境のために、労働者の安全が損なわれる

といったことが起きています

安い製品が手に入ることはうれしいですが、そのことが劣悪な環境での労働を容認していることになっていてはこれも気分が悪いです

消費は投票

なんにしても消費にはその裏で製品を作る労働者、環境に対する搾取があり、搾取に対する責任が少なからず消費者にはあると思います

結局は自分のする「消費」が後味のいい「消費」かどうかって思ってます

実際に自分個人が実践できるレベル程度で世界は変わらないといわれてしまえばそんなもんですけど、少なくとも漠然と消費するのではなく、考えたうえでの消費にしたい

そんな理由で「エシカル消費」って考え方を大切にしたいなと思ってます

「消費は投票」

とはよく聞きますが、その通りだと思います。

選挙も自分の1票で社会が変わるとは実感はありませんが、考えたうえで責任のある投票をしたい。

ただエシカル消費、現代の大量消費社会に慣れた感覚だと基本的には価格が高くなってしまう、、、

やっぱり大事なことは

  1. 自分の判断基準で納得、気に入ったものを
  2. 長く大切に使う

ってことかなと

1.の気に入るってところで自分はエシカルな観点を持ちたいし

2.の長く大切に使うってことで価格面でのデメリットを解消していきたいと思います

いろんなサイトで見た情報を自分の言葉にしていった結果なので間違っていないといいのですが、、、

世間の認識とずれていないことを願います

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました