ここが変だよ保険医療~胃が痛くもないのに出される胃薬~

薬剤師の不満
スポンサーリンク

何かしらで受診したときに痛み止めを出されると胃薬出されること多いのではないでしょうか?

痛み止めと胃薬はセットでしょ!

そんなものと思うかたも多いかと思います。

薬剤師として違和感のあることも多いことなので少し愚痴ります。

スポンサーリンク

痛み止めに胃薬が追加される理由

一般によく処方される痛み止めというのは

非ステロイド性消炎鎮痛剤(略してNSAIDs)といわれるものです。

なぜ胃薬が一緒に出されるかという前にどうして痛みがこれで治まるかというと

簡単に言えば痛みを感じさせる物質(プロスタグランジン)を作る酵素の働きを薬が邪魔することで痛みを和らげています

このプロスタグランジンという成分には他にも作用がある物質で胃の粘膜を保護する効果もあります。

そのため痛みを抑える効果の反面、胃を痛めるという副作用、人によっては胃潰瘍、十二指腸潰瘍につながる可能性もあるのです。

その抑制のため胃薬が痛み止めとセットのように処方されがちなのですが、ここで保険診療上おかしなことが起きてます

まとめると

痛み止めと胃腸障害の関係

  • プロスタグランジンの効果=痛みを感じさせる+胃粘膜保護
  • ⇒このプロスタグランジンを作るのを薬が(NSAIDs)抑える
  • ⇒痛みは治まる+胃粘膜保護効果は弱まる

端折っての説明なので表現が極端になっている部分があるとおもいますが、ざっくりいうとこうです。

保険診療上の架空の診断

薬局で出される薬が保険でだしてもらえるのかどうかは

薬の添付文書の効能に記載されているかどうか

に従っていて、記載されている効能に対しての診断があれば保険を適用できるということになります。

保険が聞かなければ自由診療なので全額自費

痛み止めと胃薬の話にもどると

処方される胃薬には大きく分けて2種類で

胃粘膜保護するか胃酸を抑えて胃への負担を軽くするかのどちらかです。

これを処方しようとすると診断上は(よく出るパターンだと)

胃粘膜保護の薬のほうは胃炎

胃酸抑制のほうは逆流性食道炎

患者さんの知らないところで患者さんに症状がなくても実際にはこのように診断されています

逆にこの診断をつけないと保険で薬を出せないってことです。

薬局で受渡するとき話を聞くとそもそも胃の調子は問題ないだったり、胸焼けのような逆流性食道炎の症状がなかったり、どちらでもないことがだいたいです。

変だよ点

実際にはガイドラインや論文で年齢やその人の疾患によって服用したほうがいいといわれていることがあり、その場合保険上認められていなくても架空の診断をして処方されるケースが多くあります。

今回の胃薬の処方についての架空診断(本当に検査している場合もあると思いますが)も患者さんの状態から必要としているとは思います

それでも、そもそも保険で認めらるように添付文書に記載があればいいんですが

ない場合医師に問い合わせ確認という作業を薬局側はしないといけません、、、

患者さん側からすれば良い医療を保険で受けられる

ただし架空の診断でないと保険を適用できない

であればそもそも保険適用ってなんなんだ

むやみに保険にしてしまうと保険制度が破綻してしまうから効果の認められ妥当性のあるものに対して保険で医療を行いましょう

ってなるはずなのになんか変ですよね、、、

現実との折り合い

医療って物自体が

新しい論文がでて新たな知見があるとその疾患のガイドラインで推奨される

⇒それが世間一般になる

⇒そのたびに保険適用を変えていく

⇒そんなの対応しきれないので保険適用は変えない

⇒架空で診断つける

⇒保険で薬が処方され、患者さんはハッピー

時々この保険適応外を認めてますよーっていう通知もあったりするのですが、詳しく調べてわかるかどうかな感じで気づかないことも多いです。個人的にですが、、

なにかすっきりしないなこの職業、、、

医師に問い合わせして確認しても足蹴にされることもしばしばですし、、、

(医師は医師で忙しさやなんやかんやでストレスかかっているのでしょうが)

という愚痴でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました