てんさい糖ってなに?

食品への疑問
スポンサーリンク

先日、スーパーで砂糖購入する際ふと「てんさい糖」を見かけました。

なにかと体によさそうなイメージがありましたが具体的になにが違うのか調べてみました。

スポンサーリンク

違いはオリゴ糖とミネラル

少しだけ解説すると

てんさい糖

・原料 てんさい

・生産地 てんさいは日本では北海道のみ生産

原料から糖分を抽出、濾過したあと結晶と糖蜜に分けられ、結晶は上白糖・グラニュー糖になり、糖蜜はてんさい糖になります。

・成分上の違い

1.オリゴ糖が5%含まれる

2.ミネラルが比較的含まれてる

参考 てんさい糖|ホクレン

オリゴ糖とは?

糖質のうち、最小単位である単糖が2個から10個程度結びついたもので、少糖とも言う。低消化性(低エネルギー)で、整腸作用や腸内細菌を増やす作用などが知られている。

単糖が2個から10個程度結びついたもので、少糖類とも言われています。

ただし明確な定義はなく、ショ糖・麦芽糖・乳糖などの二糖類も本来はオリゴ糖の仲間といえますが、一般的には3つ以上の糖が結びついたものをオリゴ糖と呼んでいる場合が多いようです。

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-003.html

糖は糖でも整腸作用、腸内細菌を増やす作用などが知られている糖ってことですね。

特定保健用食品としても認められているようです。

まとめ

  • てんさい糖はてんさいからできる糖
  • 一般的な砂糖と比べミネラル、整腸作用のあるオリゴ糖が含まれている点で違いがある

正確な出典はわかりませんが、一般にてんさい糖は砂糖類のなかでは低GIとされているようです。

つまり糖の吸収がおだやか、血糖値の上昇がゆるやかといわれているようです。

以上あくまでいわゆる白糖と比較したらという観点でした。

もちろん大量摂取をすすめるものではありません。

あしからず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました